1日カラコンは1日が当たり前

オシャレのため、安全な方法で、カラコンを使用しなければなりません。1日カラコンは、1日の使い捨てを前提として作られているので、衛生面においてもレンズの強度の面においても、1日限定でしか安全性が保証されていません。

カラコンを使用している人たちは、コンタクトレンズ自体が薄くつけ心地がいいと思っているでしょう。しかし、レンズが薄いので乾燥は大敵となり、変形してしまう可能性やレンズにキズがつくこともありますので注意しなければなりません。

1日カラコンのルールをしっかりと守って使用するからこそ、いつもつけ心地のいい体験をすることができます。また、衛生面の問題を考えても同じことが言えます。1日カラコンのルールを守って使用することで、目にトラブルを起こすことなく装着できるのです。とにかく洗浄していれば大丈夫だと思っている方もいるでしょう。しかし、その考えは1日カラコンを使う上では間違いの発想です。

もともとコンタクトレンズは、目に入れて使用するものであるため、とても薄く繊細な造りになっています。メーカーでは、1日で使い捨てることを前提として作成しているので、何日も使って何らかのトラブルが起こったとしても責任は使った人ということになります。