1日カラコンのルール

1日使い捨てレンズはもちろん、ソフトコンタクトレンズ全般に言えることですが、放置したままでいるとすぐに乾燥や変形をします。そのとき、コンタクトレンズがいかにデリケートなものであるか気付くことになるでしょう。コンタクトレンズというのは、本当にみなさんが想像している以上にデリケートなものです。放置しておけば、どんどん乾燥し小さくなってしまいます。ソフトレンズなら保存液に浸すことで乾燥が解消され、レンズにキズがなければ再び使用できる可能性もありますが、1日カラコンであればそのまま処分しなければならないでしょう。

カラコンを丁寧に洗浄して、清潔に保つ意識を持っている人たちもいますが、それは使い捨てではないレンズの場合であり、1日カラコンの場合は洗浄することを考える必要はありません。

すなわち1日カラコンでの使用サイクルは、「つけて」、「外して」、「捨てる」に過ぎないのです。今、スマートフォンで、カラコンはすぐ購入することができます。大事なのは、カラコンを自己責任で購入しなければならないということです。しっかり清潔を維持してオシャレをしたりイメージチェンジをしたりしたいのなら、1日カラコンはおすすめです。